ボートレース

ボートレース桐生の特徴 当たる3つの狙い目レースについて

ボートレース桐生の特徴 当たる3つの狙い目レース

「ボートレース桐生で購入しているけど当たらない」「そもそも勝てない」など様々な悩みがあると思います。

ボートレース桐生は日本全国にある24のボートレース場で最も東(最北)にあるボートレース場です。ナイターレースを行っているため社会人御用達のボートレース場でもあります。ボートレースを始めたばかりの方や桐生のレースについて詳しくない方は桐生で1日12レースある中で勝ちやすい3つのレースがあることはご存知でしょうか。

そこでこのページでボートレース桐生でのボートレース場としての特徴と、勝ちやすい3つの狙い目レースについて紹介しています。

ボートレース桐生の特徴について

ボートレース桐生は群馬県にある日本最北のボートレース場になります。日本で初めてナイターレースを開催したボートレース場でもあり、現在でもナイターレースは行われております。

標高が他のボートレース場よりも高いため、気圧の関係でモーターの勢いが落ち、スロースタート勢が遅れることがあり、特に桐生に慣れていない選手がインコースの場合は面白い展開になる事もあります。

「まわり足」「半周ラップ」「展示タイム」「直線タイム」の4種類のデータを公式サイトで紹介しているため、予想に役立つことも特徴の一つと言えるでしょう。「まわり足」は1マーク前からバックストレッチの消波装置の端までのタイムです。ターンのタイムなので有名選手ではない選手や良く知らない選手などを測る際に利用すると良いと思います。「半周ラップ」は名の通りの半周のタイムです。「直線タイム」は「まわり足」が計測し終わった後からの直線のタイムです。

「直線タイム」「周り足」「半周ラップ」はボートレース桐生独自の情報で、特に「周り足」「半周ラップ」などは結構面白いので桐生で投票する場合は見ておきましょう。

それではここからはボートレース桐生のレース別の特徴と開催日次による3つの狙い目レースの特徴を紹介します。

ボートレース桐生のレース別の狙い目レースの特徴とは?

ここからは開催される12レースの中で特徴のあるレースについて紹介していきたいと思います。一日に12レース開催されますが、グレードが低い一般戦などはしがらみが少なく番組(出走)を決めやすいため、運営側から見て売上が多く見込める有名な選手や階級が高い選手は特定のレースに組み込まれます。桐生では1、6、8レースが顕著に実力差があるレース作りになっています。

艇番 回数 1着回数 2着回数 3着回数 1着率 2連率 3連率
1号艇 2231 1107 410 244 49.6% 68.0% 78.9%
2号艇 2230 330 529 411 14.8% 38.5% 57.0%
3号艇 2225 289 429 436 13.0% 32.3% 51.9%
4号艇 2220 249 363 392 11.2% 27.6% 45.2%
5号艇 2228 178 317 400 8.0% 22.2% 40.2%
6号艇 2220 83 188 351 3.7% 12.2% 28.0%

「2018/1/1から2018/12/31までのボートレース桐生1~12レースの出走データ」アマキンストア調べ

まずは基本のレースについて見てみましょう。上記のデータは2018年の12レース全ての艇番別の1着率、2連率、3連率の成績になります。ボートレースの常識通りインコースが強いですが、どこのボートレース場でも差があるにせよだいたいこのような成績になるでしょう。

では実力差が顕著に現れる1レース、6レース、8レースや1号艇が優位な12レース(優勝戦)の艇番別の成績を見てみましょう。

ボートレース桐生1レースの成績データ(一攫千金レース①)

艇番 回数 1着回数 2着回数 3着回数 1着率 2連率 3連率
1号艇 187 50 39 38 26.70% 47.60% 67.90%
2号艇 187 24 27 36 12.80% 27.30% 46.50%
3号艇 187 24 29 33 12.80% 28.30% 46.00%
4号艇 188 73 55 23 38.80% 68.10% 80.30%
5号艇 187 10 25 36 5.30% 18.70% 38.00%
6号艇 186 7 13 22 3.80% 10.80% 22.60%

「2018/1/1から2018/12/31までのボートレース桐生1レースの出走データ」アマキンストア調べ

2019年現在では「予選」や「一般」と記載されておりますが桐生での1レースは「一攫千金レース」と呼ばれており、4号艇にA級の選手が出走し、他の5艇は全てB級の選手が揃っているため、4号艇が勝ちやすいレースになります。桐生の1レースに限っては1コースが最も舟券に絡む確率が高いボートレースの常識は通用せず、4号艇が最も舟券に絡む確率が高いです。

ボートレース桐生6レースの成績データ(一攫千金レース②)

艇番 回数 1着回数 2着回数 3着回数 1着率 2連率 3連率
1号艇 186 150 17 8 80.60% 89.80% 94.10%
2号艇 186 13 51 46 7.00% 34.40% 59.10%
3号艇 185 9 43 38 4.90% 28.10% 48.60%
4号艇 182 9 34 38 4.90% 23.60% 44.50%
5号艇 185 3 27 30 1.60% 16.20% 32.40%
6号艇 184 2 14 26 1.10% 8.70% 22.80%

「2018/1/1から2018/12/31までのボートレース桐生6レースの出走データ」アマキンストア調べ

桐生の6レースは1レース同様に1号艇にA級の選手が、他の5艇はB級の選手になっております。6レースは1レースと異なり、ボートレースの常識以上に1号艇が非常に強く、1着率80.6%、2連率89.8%、3連率94.1%とほとんど舟券に絡むレースになります。逆に言えば20%程度1号艇が1着として舟券に絡まない時があるわけで、オッズ次第では穴狙いの方がお得な時もあります。

ボートレース桐生8レースの成績データ

艇番 回数 1着回数 2着回数 3着回数 1着率 2連率 3連率
1号艇 186 113 30 20 60.80% 76.90% 87.60%
2号艇 186 8 34 53 4.30% 22.60% 51.10%
3号艇 185 13 24 27 7.00% 20.00% 34.60%
4号艇 183 13 20 23 7.10% 18.00% 30.60%
5号艇 186 38 70 36 20.40% 58.10% 77.40%
6号艇 184 1 8 27 0.50% 4.90% 19.60%

「2018/1/1から2018/12/31までのボートレース桐生8レースの出走データ」アマキンストア調べ

桐生の8レースは1号艇と5号艇に特徴があります。1号艇と5号艇にA級の選手が出走し、ほかの4艇はB級の選手が出走します。1号艇が最も1着率が高く、5号艇は2連率、3連率共に5枠とは思えないほど高い成績を残しています。1号艇、5号艇が実力があるため、6号艇はまず1着になりませんので、6号艇の1着予想は基本的に無駄になります。

桐生12レースの成績データ(優勝戦)

艇番 回数 1着回数 2着回数 3着回数 1着率 2連率 3連率
1号艇 34 28 4 2 82.40% 94.10% 100.00%
2号艇 34 3 11 5 8.80% 41.20% 55.90%
3号艇 34 2 5 6 5.90% 20.60% 38.20%
4号艇 34 1 6 6 2.90% 20.60% 38.20%
5号艇 34 0 6 6 0.00% 17.60% 35.30%
6号艇 34 0 2 9 0.00% 5.90% 32.40%

「2018/1/1から2018/12/31までのボートレース桐生12レース優勝戦の出走データ」アマキンストア調べ

当然のことですが、優秀な選手が予選をトップで勝ち上がり1号艇で出走しているため、1号艇の成績は非常に高いです。2018年では34回出走し34回3着以内と非常に素晴らしい成績です。桐生に限った事ではないですが優勝戦は1号艇が非常に良い成績残すため1号艇は買い目から外す事は出来ないでしょう。

ボートレース桐生の開催日次による狙い目レースの特徴とは?

レースによるボートレース桐生の特徴は理解して頂けたでしょうか、ここからは開催日次について特徴があるかデータを見てみましょう。先程の桐生1レース、桐生6レース、桐生8レースは基本的に開催日次が前半の方が成績が良くなります。

桐生1/6/8レースの成績データ 開催日次1日~3日のみ

艇番 回数 1着回数 2着回数 3着回数 1着率 2連率 3連率
1号艇 101 26 25 22 25.70% 50.50% 72.30%
2号艇 102 14 20 14 13.70% 33.30% 47.10%
3号艇 101 11 15 18 10.90% 25.70% 43.60%
4号艇 102 44 24 17 43.10% 66.70% 83.30%
5号艇 101 3 12 22 3.00% 14.90% 36.60%
6号艇 100 4 6 9 4.00% 10.00% 19.00%

「2018/1/1から2018/12/31までのボートレース桐生1レース開催日次1日目~3日目の出走データ」アマキンストア調べ

桐生1レースの4号艇の年間成績は1着率38.80%2連率68.10%3連率80.30%に対して、開催日次を1~3日にする事で1着率は4.3%、3連率は3%上昇しています。

艇番 回数 1着回数 2着回数 3着回数 1着率 2連率 3連率
1号艇 100 84 10 2 84.00% 94.00% 96.00%
2号艇 100 7 21 32 7.00% 28.00% 60.00%
3号艇 99 2 23 23 2.00% 25.30% 48.50%
4号艇 98 6 21 14 6.10% 27.60% 41.80%
5号艇 100 1 17 13 1.00% 18.00% 31.00%
6号艇 99 0 8 16 0.00% 8.10% 24.20%

「2018/1/1から2018/12/31までのボートレース桐生6レース開催日次1日目~3日目の出走データ」アマキンストア調べ

桐生の6レースの1号艇の年間成績は1着率80.60%2連率89.80%3連率94.10%でしたが、開催日次を1~3日にする事で1着率は3.4%、2連率は約5%上昇しています。

艇番 回数 1着回数 2着回数 3着回数 1着率 2連率 3連率
1号艇 100 58 14 14 58.00% 72.00% 86.00%
2号艇 100 6 17 28 6.00% 23.00% 51.00%
3号艇 99 5 13 15 5.10% 18.20% 33.30%
4号艇 100 4 12 9 4.00% 16.00% 25.00%
5号艇 100 26 37 19 26.00% 63.00% 82.00%
6号艇 100 1 7 15 1.00% 8.00% 23.00%

「2018/1/1から2018/12/31までのボートレース桐生8レース開催日次1日目~3日目の出走データ」アマキンストア調べ

桐生の8レースの5号艇の年間成績は1着率20.40%2連率58.10%3連率77.40%でしたが、開催日次を1~3日にする事で1着率は5.6%、2連率は約5%上昇しています。その代わりに1号艇の成績は少し下降しています。

最後に|ボートレース桐生の3つの狙い目レースの活用方法

ボートレース桐生では3つの狙い目レースがあり、最終日の優勝戦を含めると4レースあります。1艇だけ実力が高く、他の5艇とは実力差があるため売上が実力のある1艇に固まりやすく的中しても配当が低いレースではありますが、十分に回収率を100%以上にする事が出来るレースだと思います。

1レースは1号艇はそこそこの1着率でありながら過剰に4号艇の買い目が購入されると1号艇のオッズが高めであったり、オッズのズレなどが発生する事があります。4号艇という本命に気をとられ過ぎない事が重要になります。6レースでは1号艇の1着率が非常に高いため1号艇を頭として買い目の点数を減らして買い目を絞り切る事が大切だと思います。8レースは社会人でもオッズを確認できる時間帯に開催しているため、1レース同様にオッズのズレを確認して柔軟に立ち回りましょう。

この3レースは予想しやすく堅いレースなので配当金は少ないですが、少ない配当であったとしても、3連単、2連単、3連複、2連複など様々な舟券の種類を確認し、買い目変換する事で回収率は上げる事が出来ます。

買い目変換などが分からない方は「ボートレースの買い方 今すぐ効果が発揮される2つのポイント」をご覧ください。

高配当を目指す方が多いですが、回収率が100%未満の方はまずは堅いレースでしっかりと回収率をプラスに出来るようにしましょう。何度も記載しておりますが、本命のみに気をとられ過ぎなければ売上が1艇に固まる事はオッズがズレる要因であるため決して悪い事ではありません。

またA級の選手と言っても開催される時期によってはA級ですがB級に降格する可能性がある選手かもしれません。また他のB級とは違い将来A級クラスの能力を持つ選手かもしれません。1レースは4号艇、6レースは1号艇、8レースは1号艇と5号艇と思考停止して買い目を決めつけずに他の選手とオッズを気にしながら買い目を決めるようにしましょう。

最後になりましたが桐生を攻略するにはまずはこの3レースを攻略する事で他の桐生のレースにも取り組みやすくなるため、ボートレースを始めたばかりの方はこの3レースから投票すると良いと思います。

皆様にさらなるボートレース桐生の特徴、そして3つの狙い目レースの攻略について紹介出来る日が来るように随時追記して頑張って参ります。データは2019年6月終了時に追記しようと考えております。

最後までご精読ありがとうございました。