ボートレース

ボートレースでのモーターと着順の関係性について

ボートレースでのモーターと着順の関係性について

ボートレースではネットや紙媒体などでモーターの重要性について語られています。「モーターの勝率だけを見れば3着以内に入る選手が分かる!」「2連率50%以上であれば間違いなく舟券に絡む!」など選手の能力よりもモーターの方が重要まで書いてある記事もあります。

モーターはボートレースにおいてどのぐらい重要な存在なのか、そして舟券を購入する私たちにとってモーターの成績は利益を出すために必要なものなのか、ボートレースでのモーターの重要性について考えたいと思います。

ボートレースのモーターとは?

モーターとはボートに取り付けられるエンジンの事で、ボートレースにおいてはモーターはボートの原動力であるため選手の能力と並び非常に重要な存在になります。モーターは一年ごとに全てのモーターを新品に入れ替えられており、選手は節(開催レース期間)ごとに抽選して使用するモーターを決めます。

使用するモーターを決めるのはレース開催の前日に行われ、これを前日検査(前検)と呼びます。前日検査ではモーター抽選のほかにも、健康診断やスタート練習、試運転などを行います。同一規格でのモーターであったとしても「別製品か?」と思うほどの性能差はありませんが、モーターによって僅かな性能差があるため、優秀なモーターを抽選で引き当てれば他の選手よりは優位に立てるため勝ちやすいという事になります。

ちなみに2019年現在、ボートに取り付けられるモーターは「ヤマト発動機の水冷式縦型直列2気筒2サイクルのガソリンエンジン」と決まっています。

モーターは選手が整備する?

モーターは節ごとに選手が抽選で使用するモーターを決めますが、使用するモーターはレーサーである選手自身が整備をしなければなりません。現在のモーターの調子・性能と選手の経験・技術に基づいて自分の得意な戦術や競走方法に合わせて仕上げていきます。

ボートレースでは最大7日間毎日開催されますが、最終日に向かってモーターの調子が良くなるように選手は仕上げていくのですが、レース中に転覆をしてしまった場合はモーター内部に水が入ってしまうため完全に分解して整備をしなければならず、調子が良かったモーターであれば台無しになる事もありますし、モーターの調子が良くなかったけど調子が良くなったなど、怪我の功名のような事もあります。いずれにしても転覆したモーターは大幅に整備しなければならないためどう転ぶか分からない所があります。

ボートにモーターを取り付ける角度の事をチルトと呼びます。チルトが小さいほど加速重視のモーターになり、大きければスピード重視のモーターになります。ボートレース場によって角度に制限があり、-0.5度が最も小さく、3度が最も大きな角度になります。基本的には-0.5度もしくは0度の角度で選手はレースに臨みますが、優勝戦やグレードの高いレースなどで勝負を賭ける際には角度を上限まで大きくする選手もいます。選手によって得意な角度は異なるため、角度が大きければ良い、低ければ悪いなど単純な考えは禁物です。

チルトはインターネットライブ放送・現地ではスタート展示と周回展示が終わった後にチルト-0.5度などアナウンサーがアナウンスしてくれます。ボートレースでのオフィシャルサイトの出走表やボートレース場のオフィシャルサイトでも出走表に記載してくれています。

モーターは選手が整備するためモーターの事は選手自身が一番良く分かっており、私たちはモーターの整備関係のデータは部品交換だけでモーターの調子は自分の目で確認するしかありません。ボートレース場のオフィシャルサイトなどでは選手自身がモーターの調子についてコメントしてくれているため、自分のモーターの見る目も大事ですが、選手のモーターについてのコメントを重要視しましょう。

モーターと着順の関係性について

モーターが良ければB級の選手でも実力差があるA級選手やトップクラスの選手に勝つことはできるのでしょうか?

私はモーターの性能差だけでは番狂わせを起こすことは難しくモーターの影響は少ないと思っています。A級、特にA1級の選手達はスタート、ターンの技術や体・モーターのコンディション調整、各ボートレース場での経験、レースにおけるメンタルの調整など様々な面で優秀であるからこそA1級に君臨している訳です。モーターが重要ではないとは思いませんが、このような場合はモーターの性能差以上に選手の実力差が大きいと考えています。

逆にB級同士のレースであったり、A級同士のレースであればモーターの良し悪しはレースに大きな影響を及ぼす事があると考えており、実力差がないレースほどモーターの調子は重要です。

モーターの2連率について

モーターにはそれぞれ2連率や3連率などモーターによる成績がオフィシャルサイトやボートレースオフィシャルサイトなどで紹介されており、この成績は年間様々な選手がモーターを使用した成績で2連率、3連率が高ければ高いほど良いとされています。

基本的に一般戦はA級の選手とB級の選手が入り混じった戦いになり、A級の選手はあまり性能が良くないモーターでもある程度の結果は残すため、2連率、3連率だけでモーターの良し悪しを判断してしまうと数字上良いモーターですが、前に使用した選手が優秀であっただけかもしれません。また、モーターを新品に入れ替えた時なども出走回数が少ないため2連率、3連率が極端な数値になる事もあります。

以下の表のようにモーターの2連率は意味がないわけではありませんが着順における大きな予想要素ではなく、選手の能力や艇番、進入コースなどの方が大きな順位の予想要素を占めます。過去の使用した選手がB級の選手ばかりであるにも関わらず良い成績であれば良いモーターであるかもしれないので注目しておきましょう。

モーターの2連率 出走回数 1着率 2連率 3連率
60%以上 3086 18.7% 35.7% 53.1%
50%以上60%未満 11590 20.0% 38.3% 55.8%
40%以上50%未満 52806 18.8% 36.6% 53.8%
30%以上40%未満 146012 16.6% 33.4% 50.2%
20%以上30%未満 82580 15.4% 31.4% 47.9%
10%以上20%未満 13467 15.2% 30.9% 46.8%
10%未満 3494 15.7% 32.2% 47.8%
データなし 12293 16.6% 33.1% 49.8%

「2018年1月1日~12月31日まで、全てのボートレース場でモーター2連率での成績」アマキンストア調べ

※上記のモーター2連率とはオフィシャルサイトなどによるモーター2連率から成績を算出しています。

最後に|モーター成績に囚われ過ぎないように

ボートレースにおいてモーターは重要な存在です。選手にとってはターンやスタートタイミングなど様々な技術は一朝一夕で身に着けられるものではなく、少しでも他の選手より良い結果を残すためにはモーターの整備は不可欠です。

一方の選手ではなく、レースを予想し投票する私たちにとってはモーターは予想に必要な要素の一つと言えます。ですが、艇番、進入コース、スタートタイミング、ターン技術、6艇の中での実力差、レース展開などモーターの成績よりも予想に重要な要素があります。

これらの予想に重要な要素を十分に考えた上で、それを補助する形でモーターの成績を加えていくのが良い結果を生むと思います。モーターの成績のみを鵜呑みにして舟券を購入するのは大きな間違いだと私は考えています。

このページではモーターの重要性について記載してきましたが、モーターは重要ですが最重要な要素ではなく補助的な要素であり、モーター成績のみに考えを囚われないようにしましょう。そして、オフィシャルサイトなどでの選手のコメントなどはデータでは表されないポイントなので注目しておくことが大事でしょう。

最後に実力差がある一般戦のレースではモーターを軽視しても予想は出来ますが、グレードの高いレースではモーター勝負になる事もあるため選手コメントとモーター成績を軽視し過ぎないようにする事が大切だと思います。

最後までご精読ありがとうございました。