造反したロムニー米上院議員の演説、「大統領は重罪と不品行を犯した」



アメリカの与党・共和党のミット・ロムニー上院議員(ユタ州選出)は5日、ドナルド・トランプ大統領に対する弾劾裁判で、権力乱用についての評決で造反し、賛成票を投じた。

投票前の演説でロムニー氏は、大統領は弾劾の要件となる「重罪と不品行」を犯したと指摘。

「大統領の地位を守るために選挙で不正をはたらくのは、もっともひどい侵害行為かもしれない」と述べた。

BBCニュースサイトの記事はこちら。
https://www.bbc.com/japanese/video-51409939

YouTubeのBBCチャンネル登録はこちらから。http://goo.gl/tYDMwU
BBCニュースの日本語ツイッターはこちらから。https://twitter.com/bbcnewsjapan