殺害で「明らかな証拠あった」



アメリカ軍がイラン革命防衛隊の司令官をイラクで殺害したことについてアメリカのバー司法長官は13日、「大統領は明らかに数々の証拠をもってイランの司令官殺害に踏み切った」と強調しました。トランプ大統領はこれまで殺害の理由について、司令官がイラクの首都バグダッドなど4ヵ所のアメリカ大使館を標的としていたと主張していて、バー長官は同調した形です。一方、エスパー国防長官は、そのような情報は把握していないと発言していてトランプ政権内で食い違いが出ています。◆「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などが見放題!「テレビ東京ビジネスオンデマンド」はコチラ↓(入会月無料)https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/info/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta◆毎日ニュースを更新中!チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCkKVQ_GNjd8FbAuT6xDcWgg/featured?sub_confirm