武漢から206人帰国 せきや発熱、4人搬送―チャーター機内で検査・新型肺炎



新型コロナウイルスによる肺炎が流行する中国・武漢市在留の日本人206人が29日午前、日本政府のチャーター機で羽田空港に到着した。一般乗客らがいるターミナルなどを通らず、専用バスで空港内を移動。医師らによる検査を受けた。外務省によると、感染症関係での邦人退避の帰国支援は初めてという。東京都によると、帰国者のうち体調不良を訴えた30~50代の男性3人と、50代女性の計4人が大田区の荏原病院に搬送された。【時事通信映像センター】

#新型コロナウイルス #武漢

映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jp