静岡市でSDGsを学ぶイベント



静岡市が取り組む持続可能な社会に向けた目標「SDGs」について楽しく学べるイベントが開かれました。 SDGsには貧困や環境問題などの解決に向けた17の目標があり、静岡市はSDGsの理念をまちづくりに取り入れています。会場には「森を守ろう」をテーマにしたブースがあり、廃材を使った積木で遊びながら環境について学ぶというコンセプトが設定されていました。また、静岡市内の高校生がフェアトレードの商品などを紹介するブースも設けられました。(静岡市企画局企画課・稲葉博隆主幹)「世界標準であるSDGsをツールとして、市民の安心安全なまちづくりを進めることに着目した。」 静岡市は今後も授業などを通してSDGsへの取り組みを広めていくとしています。