沼津市で無病息災願う「どんどん焼き」



小正月を前に、1年の無病息災などを願う「どんどん焼き」が沼津市で行われました。 会場となった小学校のグラウンドには地元の人たちが正月で使ったしめ飾りや書初めなどを持ち寄りました。「どんどん焼き」は小正月に行われる火祭りの一つで、地域によってはどんど焼きや左義長などとも呼ばれています。持ち寄ったしめ飾りなどには火がつけられ、竹の先や木の枝に餅をつけて焼きました。(参加者)「おいしい。」「家族みんな健康で子供たちが元気に過ごしてくれたら。」 集まった人たちは焼いた餅やお汁粉を食べながら、一年の健康などを願っていました。