令和になっても「幸福のスタート地点」 旧国鉄・幸福駅舎



「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで、約40年前に大ブームとなった旧国鉄広尾線の幸福駅(北海道帯広市)。6年前の駅舎建て替えを経た今も願いを託す習慣は引き継がれ、不思議なピンクの空間が広がる。【撮影・貝塚太一】2020年1月11日公開